岐阜 塗装 ペンテック

岐阜県羽島市のペンキ屋生れ(ペンキ屋育ち)  ペンテック

 代表あいさつ.jpg 塗装職人紹介スーツ3.jpg

 

 はじめまして、有限会社ペン・テック代表の

田中です。

父は、ペンキ屋でした。

だから子供の頃には、よく倉庫に忍び込んで遊びました。そして高校を卒業してすぐ、見習い修行に行きました。その後、父親と一緒に塗装ひと筋20年。あっという間でした。

 最近、お客様から悪徳業者の事をよく耳にします。

それは、「質の低い塗装工事が行われた。」という内容です。ムラがあったり、メクレたり・・・。何故そのような事になってしまうのでしょうか?

「業者の人は3回塗ったって言い張っていたけど。私、2回しか塗ってないの見ていたのよ。」って、お客さんは、なみだ目に語気を強めて言われました。 もちろん、実際の話しです。

そのような手抜き工事の原因の一つに下請け・孫受けシステムがあります。

テレビCMの某大手リホーム会社や某ハウスメーカーは、お客様から工事を受注しても専属の会社に塗装工事を丸投げしてしまいます。そして末端の塗装店に支払われるのは、請負工事代金の3分の1程度と聞いた事があります。

「いい仕事をしよう!」と、言うよりも、

「4日で終わらせないと!」・・・・それが現実です。

職人としてそれでいいのでしょうか?

職人とは、本来持てる技術を競い合うべきです。

父は、コールタールという、黒くて臭いのきついペンキを塗っていた頃(昭和39年)から、ずーとペンキを塗ってきました。

ただ黙々と。

父は、本物の職人です。

市内でトラックを走らせていると、父はニコニコしながら指差して言います。    仲良し親子.jpg   

「茂、あの家は わしが塗ったんや!」 

自分の作品が残るっていいですね。 

塗る塗料の種類は変わっても、塗装する職人の心は変わりません。

     志 お客様の喜びと働くペンテック.jpg

一軒一軒、真心込めて塗装して、自分たちが塗ったお家は責任を持って見守っていきます。それが職人です。

 

         有限会社ペン・テック  代表取締役  田中茂 

     お問い合わせ           岐阜・塗装のペンテックの トップページに戻る

スタッフ紹介  笑顔良し。技術良し。妥協なし。  ペンテックの職人

 

田中茂 1.jpg 田中茂 2.jpg 

代表取締役   田中 茂   (代表)

通称:社長

一言:お家の色彩設計は任せてください。外壁の色変えは

    塗替え工事の出来を左右するとても重要な事項です。

    無知な業者に当たって、色で失敗する方が結構みえ

    ます。私に任せてください。 納得のいく外壁の色をき

    っとお探しします。

技能検定合格書.jpg

    建築士2級

    1級塗装技能士・ 色彩コーディネーター2級

    2級建築施工管理技士・ 危険物乙4類取扱者

    石綿作業主任者・ 足場組み立て作業主任者

趣味:カヌー・映画鑑賞です。

 

 樋口1.jpg塗装職人 樋口.jpg

正社員:  樋口 和也  (親方)

通称:親方 (大垣市在住)

一言:塗装暦は12年です。塗装は奥が深くてまだまだ勉強   

    する事がたくさんあります。

   でも、任された仕事は最後まで責任を持ってやります。

    無愛想に見えてすいません。

   でも、あなたのお家の塗替えは、絶対に手抜きをしませ

   ん。 私が、しっかりと現場の管理をします。

   1級塗装技能士・ 危険物乙種4類取扱者 

     足場作業主任者・色彩検定3級

趣味:ツーリング・ 野球(キャプテンでした)

 

河合1.jpg 塗装職人 河合.jpg

 正社員: 河合正貴

 通称:マサキ (岐阜市在住)

一言:体はでごついですが気は優しくて、小心ものです

   (笑)

   お客様に、「河合さんだったかな、」なんて話しかけら  

   れると緊張して、戸惑ってしまいます。

   正直、話すのは苦手なんです。

   でも、話すのは好きです。??

趣味:ドライブ・居合い(中学の時祖父に真剣を買ってもら

    いました。

    級塗装技能士・ 危険物乙種4類取扱者 

     色彩検定3級

 

 

 塗装 松居1.jpg  塗装 松居2.jpg 

 

正社員:松井 晃

通称:松居さん (安八郡在住)

    おしゃべりはちょっと上手ではありませんが、塗装一筋でやってきたので腕には自信があります。

    趣味:自慢のハーレーでツーリング。

    1級塗装技能士

    色彩検定3級 

 

 高木1.jpg高木2.jpg

正社員:高木 太

通称:タカギさん (羽島市在住)

一言:父親の塗装店から独立してやっていましたが、ペ

    ン・テックの塗装の考え方に惚れ込み入社させても  

    らいました。

    最近、技術ってものにちょっと魅力を感じていま

    す。

    危険物乙種4類取扱者 

    色彩検定3級 

趣味:ゲーム。

 

 マッサン1.jpgマッサン2.jpg

 

正社員:田中誠樹

通称:マッサン (羽島市在住)

一言:調理師の資格を持っています

    料理の味付けの、砂糖・塩・酢・醤油と、

    色の調合の赤・青・黄色・黒が何か似ていま

    す。

    職人気質なんですかね。

    

危険物乙種4類取扱者  ・調理師

趣味:本を読むこと。

  

タカヒロ1.jpgタカヒロ2.jpg

正社員:吉田 尚広

通称:タカヒロ (羽島市在住)

一言:ペンテック最高です    

危険物乙種4類取扱者 

カラーコーディネーター3級

趣味:バイクでツーリング。

  

塗装 貴仁1.jpg塗装 貴仁2.jpg

正社員:中野 貴仁

通称:たかひと (養老郡在住)

一言:得意技は、高圧洗浄と、ローラー塗装です。まだ半人前ですがよろしくお願いします。

趣味:バスケットボール

 

おやじ.jpg

   塗装職人 田中.jpg

田中 良司   (先代/現在相談役

通称:オヤッさん

一言:わしは、中学卒業してから名古屋のペンキ屋で丁

   稚奉公して始たんや、自転車の荷台にみかん箱乗

   せて。い者には負けんよ。

   見えない所もきっちり塗る!そうじゃなきゃ、いか

   ん。 

趣味:山登り、自転車です。

 ヒロミ写真.jpg

塗装職人 ヒロミ.jpg

事務担当  田中 弘美

通称:ヒロミさん

一言:事務を担当している、妻のヒロミです。電話には  

   私がでます。

   時々、現場の掃除や、簡単な塗装もするんです

   よ。お客さんは、「えー、社長さんの奥さんな

   のー」って、ビックリします。

   休憩の時には、職人のムードメーカーかな? (笑)

趣味:ミュージカル鑑賞・音楽鑑賞。

資格:宅地建物取引士

晴れ                                       晴れ

昭和45年8月3日誕生   (有)ペンテック 田中茂

子供の頃.jpg

岐阜県羽島市で昭和45年8月3日 田中塗装店の跡継ぎ? として長男に生まれる。左手に抱えているのは猫のぬいぐるみで、「茂は、あれを片時も離さなかったね。」と、母が言っています。おんぶ紐でおんぶするのが好きだったとも言っていました。

 

 

       →ページの頭に移動

少年時代(6〜15才)(有)ペンテック田中茂

竹鼻中学校.jpg岐阜県羽島市立中央小学校に入学。1週間のうちで唯一好きな時間は、図工の時間がある日でした。4年生の担任の南谷先生が、「しげる君は、絵を描くのが上手な子だったね、縦笛を吹いている絵が入選したの覚えてるよ。」と言われました。他の授業中は、ボーとしていたので、「ひるあんどん」というあだ名を付けられました。笑   (写真は、中学生時代です。15才)

青春時代(16〜18才)(有)ペンテック田中茂

高校生 自転車旅行.jpg

岐阜県立岐阜農林高等学校に入学。17才、 高校二年の夏休み中学の同級生、横山幸央君(緑シャツ)と自転車で横浜までケッタ旅行をする。途中、台風にあい、民家に泊めてもらうこともあった。(笑い) 18才高校三年の夏休み又、幸央君(緑シャツ)と今度は、自転車で九州の別府までケッタ旅行に行く。一日10時間ペダルを踏んで、7日目に別府に到着。「オー、やったぞー!」3年後、なんとか高校卒業。

(写真は、高3の夏に行った、九州の別府)

就職(19才〜)ペンキ屋の道が始まります(有)ペンテック田中茂

田中茂 写真.jpg

18才、高校卒業後、モリペン(塗装店)に入社。(1年間見習い修行。) 後、19才、父の会社に跡継ぎとして入社。入社と言っても、父と二人だけの親子のペンキ屋さんで、毎日いろいろなお宅で塗装をしました。

田中塗装店に入社。 朝早くから、夜遅くまで仕事しました。 友人と、夜遊ぶのが楽しくて、ボーリングや、ビリヤード。よく朝寝坊しました。(笑)

  (左写真は22歳の時。その時の気持ちのままでありたいです。)

劇団はぐるま入団(趣味)20才〜  (有)ペンテック田中茂   

 劇団はぐるま 竹取物語出演.jpg

20才、の時、「女の子がいっぱいいるから」と、横山幸央君(中学の同級生)に、 岐阜の劇団はぐるまに誘われ、入団しました。お芝居には、あまり興味はなかったのですが・・・。役者に、はまりました。(笑)

 

 劇団はぐるま公演

(21才)、ファミリーミュージカル「竹取物語」 岐阜市民会館 6ステージ公演 華麗なバンビジャンプを見せ、鹿の役を見事演じきり子供たちのアイドルとなる。 (笑)セリフは「ケーン、ケーン大丈夫!」

劇団はぐるま 親鸞に出演.jpg 

劇「親鸞」に出演 (36才)岐阜文化センター 山法師役で登場して、親鸞を追い詰めてゆく迫力ある演技を披露する。(笑) 中学以来の五分刈りの坊主頭になりました。

 

 

旅に出る北海道(20才) (有)ペンテック田中茂

北海道の旅.jpg20才、の時に単身で北海道に出かける。

父に、2週間仕事(塗装)の休みを貰い、愛車ゴルフに布団を積み込んで、北海道を目指す。高速道路は走らず、青森まで日本海側を走り、3日間。フェリーで北海道に渡り、札幌でミュージカル「キャッツ」を観て感動する。襟裳岬で森真一の襟裳岬が流れていてビックリする。根室湿原で大地と言うものを体感した。網走で花咲がに店の前に車を停めて、車の中で泊まっていたら、朝、店の主人が、かにを食べさせてくれた。宗谷岬で、銭湯を探すため、通行人のおじさんに尋ねたらたら、「家の風呂に入っていけ」と、言われ、お邪魔して、夕飯までごちそうになる。 3000kmの旅でした。

 (写真は91年9月10日 宗谷岬にて三脚で撮る)

ニューヨークに行く 22才 (有)ペンテック 田中茂

ニューヨークでジャンプ.jpg

お盆に10日間の仕事の休みを貰い、ニューヨークに行きました。ジャンプしているのは、自由の女神がある島です。走ってジャンプした瞬間を見事に撮れました。この後は、芝生の上に「ドバー」 ドタン!  後ろには、世界同時テロでなくなった世界貿易センタービルが写っています。そのビルの展望台も登りました。ブロードウェイのミュージカルや、ブルーマン・キャッツ・などなど4作品を見ました。メトロポリタン美術館や、近代美術館、床屋にも行きました。泊めてもらった、アパートはウェストサイドにあり、夜中には、銃声が聞こえてきて、パトカーが走る街でした。

結婚 (24才)  (有)ペンテック 田中茂   

結婚.jpg結婚しました。24才のときです。出会いは、コンパです 「あの頃の、君は可愛かったな〜。」

これは、独り言です。(笑)

川原で、記念写真を撮りました。

僕も、若かったなー。(しみじみ)

お父さんになりました。(26才) (有)ペンテック 田中茂

子供が出来た.jpg子供が出来ました。待望の子です。可愛い、女の子です。長女 2年後また子供ができました。可愛い、女の子でした。次女  3年後、またまた、子供が出来ました。またまた可愛い、女の子でした。3女

かわいい、娘たちと、可愛い、奥様に囲まれ生活しています。家に帰ると、「ピーチク、パーチク」みんな良くしゃべるし、ケンカするし、鳥小屋の中にいるような、賑やかな家族です。ハハハ。

映画出演?(29才)   (有)ペンテック 田中茂

映画 郡上一揆.jpg映画「郡上一揆」 2000年10月 監督 神山征二郎  原作 こばやしひろし 立ち百姓役 田中茂(29才)  エキストラで映画つくりに参加させて頂きました。写真は、唐傘連判状に血判していくシーンです。撮影は日曜日で、岐阜県郡上の白鳥町の公民館に朝6:00に集合してカツラ、衣装をつけてもらい、ロケバスで山の中に移動。太陽が雲に隠れるのを待つ「雲待ち」や、お昼のお弁当の「ロケ弁」を食べました。主役の緒方直人さん、喜四郎役の古田新太さんの演技を真近いで見ました。

寺脇康文さんと一緒に(37才) (有)ペンテック 田中茂

寺脇康文さんとお酒.jpg

 俳優「寺脇康文さん」からお話を聞きました。寺脇さんは、羽島市出身の俳優で、現在、ドラマ、映画、舞台と超人気の役者さんです。そんなスーパースターの寺脇さんとお話をする機会がありました。ドラマ「相棒」の薫ちゃん役、そなままの人柄で、こんな僕にも、優しく接してくれました。

  →もっと詳しく見る

「佐吉物語」を書く(38才) (有)ペンテック 田中茂

佐吉仏 佐吉物語.jpg佐吉物語.jpg

2009年5月 38才

羽島ロータリクラブの会長様のご指名により、羽島市の偉人「永田佐吉さん」の(江戸時代)お話を書きました。音声に吹き込まれた佐吉物語は、羽島市歴史民族資料館で聞けます。

                               →佐吉物語を読む

「心臓手術」ペースメーカー植え込み(38才)(有)ペンテック

ペースメーカー.jpg心臓手術 1.jpg

2009年3月 (38才) 心臓病の手術をしました。最初に分かったのは、中学生の時の心電図の検査でした。突然死するといけないので、心臓にペースメーカーと言う機械を埋め込みました。僕を生んでくれた親より先に死ぬわけにはい。そんな親不孝は出来ない。子供を持って分かりました。もし、自分より娘が先になんて嫌ですから。

                   →闘病日記を読む