岐阜 塗装 ペンテック

寺脇康文さんのXday。

2010年9月5日(日) 

「地球ゴージャス」 Xday(エックス デイ) 名古屋公演

羽島市出身の俳優 寺脇康文さん主演のエンターテイメントを見てきました。

羽島市の俳優.jpg 羽島市の俳優2.jpg

すばらしい、舞台でした。

独創的で 人というものを改めて考えました。

真っ直ぐに生きるということの難しさ、ただそれは自分が難しくしているのであり、ほんの少しのきっかけと、大きな勇気。 

変ろうと思えば、今日からだって変れる。

たくさんの、「ありがとう」が、詰まったお芝居でした。

羽島市の俳優3.jpg 羽島市の俳優4.jpg

主演の岸谷五郎さんが、脚本を書かれていて、社会的メッセージ性の強い内容を上手くコミカルに描いてしまうところが、天才的でした。

一緒に見に行ったヒロミ(妻)は、

「久しぶりに、涙を流して笑った。」と、絶賛していました。

もし機会があれば、是非劇場で見て欲しい作品の1つです。(毎年夏に公演)

 たくさんありがとうを頂きました。

「寺脇さん、岸谷さん、ありがとうございました。」

      →岐阜 塗装のペンテックの寺脇康文さんのページに

寺脇康文さんと梅の花にて

      「茂の雑談広場」 

羽島市出身の俳優

 寺脇康文さん 

 梅の花 岐阜店にて (湯葉と豆腐の店 岐阜市須賀)

平成21年1月2日(金)  PM7:00〜

 寺脇康文さん  梅の花.jpg

 左:寺脇康文さん 右:田中茂

 

寺脇康文さんの紹介

 羽島市出身(生まれは大阪府) 現在47才(心は28才)俳優  

 

【最近の活動】

 「相棒−劇場版−」(08) アカデミー賞優秀助演男優賞

 「ミュージカル マルグリット」09) (オットー役)

 【出演予定】

  「舞台 地球ゴージャス」(星の大地に降る涙)

   大阪公演0987日〜17

  

   〜

(寺脇さん)「この鍋の名前は何って言うんですか?」 

      (湯葉と豆腐で白濁した鍋を指して仲居さんに聞いた)  

(仲居さん)「湯豆腐です。」(取り皿を並べながらニコッとほほ

       笑んだ。)     

(寺脇さん)「ハッハッハッハー。(笑) 湯豆腐ですか!」      

(田中)    「ハハハハ。(変わった名前を期待していて、つられ

       笑い。) 映画相棒すごく良かったです。

       海に飛び込んだりして。あれって危ないですよね。良く

       できますね。」

(寺脇さん)「ふふふ、役者ってね、カメラ回ってると何でも出来ちゃ

       うんですよ。笑」

(田中)  「あー、何かそれいいなー。僕も映画が出たいなー。 

       映画とかドラマの待ち時

       間って何をしているんですか。」

(寺脇さん)「最近は駄洒落とかして遊びますね。」

(田中)  「ダジャレですか? 1つ一緒にやって貰えませんか?

(寺脇さん)「いいですよ。 この部屋にある物で、・・ウーンと。

       じゃあこの、コンロで!」

       (寺脇さんは大きな目を広げてコンロを指差した)

(田中)  「え!コンロですか?」(いきなり来たダジャレ遊びに頭

       の中をコンロの文字が

       グルグルと回った。 酔い→冷や汗)

(寺脇さん)「そう、コンロで。」 (ニコニコ笑いながらいった。)

(田中)  「じゃあ、いきます。寺脇さん、コンロ一緒にお芝居が

       したいなー。ハハハ。」

        (ハイテンションの田中)

(寺脇さん)「ハハハー。う・上手いねー。笑」 

(田中)  「じゃあ、次僕の番ですね。ウーンどれにしようかな? 

       なべ。このなべでお願いします。」

(寺脇さん)「え!鍋ですか?・・以外と難しいんだよね、なべって。」

(田中)  「考え中で〜す。寺脇さん考え中です。(笑)」

(寺脇さん)「じゃあいきますよ、ここに鍋をナナベて、皆さんで食べ

       ましょう。」

       (笑いながら、テーブルの上に鍋を順番に並べるしぐさ)

(田中)  「ウォー、すごい上手い。でも苦しー。ハハハ。」 

         

       (寺脇さん楽しい時間をありがとうございました。)

寺脇康文さんとシルバーカップにて

  「茂の雑談広場」     塗装(有)ペンテック  

羽島市出身の俳優

  寺脇康文さん

 

平成20年7月20日(日) シルバーカップにて (羽島市舟橋町)

 寺脇康文さん  シルバーカップ2.jpg

左:寺脇康文さん 右:田中茂 

 

羽島市出身(生まれは大阪府)現在46才(心は28才)俳優  

 最近の出演映画

 「相棒−劇場版−」(08(巡査部長)亀山

 「ザ・マジックアワー」(08(ワンチャイ・バンダラビカル役)

 

 

(3人娘)  「あ・あ・寺脇さんどうぞ。」(順番に花束を渡す3人。)

(寺脇さん)「おっ。ありがとう。(順番に頭をナゼナゼ。笑顔)  

       真ん中の子は恥ずかしがり屋ですね。(笑)もっと、

       こっちおいで。(笑)」

       (次女は、モジモジと近づいてきた。記念撮影 カシャ!) 

 〜

(田中)  「僕は、頭悪くて、大学いけなくて、ハハハ(笑)」     

(寺脇さん)「あっ、自分も頭悪かったんで、高校だけ、同じですよ(笑)」

        (大きな大きな目は、少年のように輝いていた。)       

(田中)    「じゃあ、ズーっとこの道で?」

(寺脇さん)「そうです」

(田中)  「僕も高校でて、親の後継いでズーっとペンキ屋です。(笑)

       なぜ、役者と言うか、芸能界と言うか、そういう世界に入った

       んですか?」

(寺脇さん)「自分で、自分はこれなら、やれるかなーって。やってみたい

       なーって。」

(田中)  「仕事は楽しいですか?」

(寺脇さん)「もちろん。楽しいですね。(こぼれそうな笑顔をみせ)

       世の中で仕事を楽しんでる人って、ホントに少ないと思う

       んですよね。

       そんな中で、自分はホントにやりたいことが仕事でできて、

       幸せだなーと思います。」(あごを軽く突き出すように)

(田中)  「あっ、僕も今仕事すごく楽しいです。」

(寺脇さん)「田中さん、それは、それなりに、すごく努力してるんで

       すよ。」

(田中)  「いえ、いえ、僕は仕事、楽しんでるだけですよーハハハ。

      (笑) 今後の目標と言うか夢はありますか?」

(寺脇さん) 一瞬遠くを見つめ・・ 「やる事やるだけですかねー。」

       寺脇さんの口からポロっとでた素朴な言葉。

 〜                                       

       (  楽しい時間を、ありがとうございました。)

寺脇康文さんと杉山旅館にて

茂の雑談 広場       塗装(有)ペンテック  

羽島市出身の俳優

 寺脇康文さん  

平成2013日(木) 1130〜 杉山旅館にて

 寺脇康文さん  杉山旅館.jpg

 左:寺脇康文さん 右:田中茂

 

寺脇康文さんの紹介

羽島市出身(生まれは大阪府)

現在45才(心は28才)

俳優

 

TV 刑事ドラマ「相棒」出演 水曜夜9時放送中

   寺脇康文さん(巡査部長)亀山 役 

 

(田中)  「始めまして、ペン・テックの田中です。ペンキ屋です。」

(寺脇さん)「あっ、あのペンキ屋日記の?見ましたよ。」 大きな目を

       ニコニコさ せながら言った。  

(田中)  「あ・あのー、サインってもらえませんか?」 

(寺脇さん)「いいですよ。」色紙を受け取り、マジックのキャップを取

       った。 

      「田中・シ・ゲ・ルさん、シゲルは草冠の茂でいいですか?」

(田中)  「は、はい。」(おおー、感動ー。 黒い皮のジャケット、

       裾の破れたジー ンズ・・か・か・カッコイー。)      

      「今、水谷豊さんと共演している刑事ドラマ「相棒」が、

       今度は映画になる んですよね。僕一度、映画のエキストラ

      (郡上一揆で農民役)をやった事 があるんですけど、映画の撮

       影って面白いですよね。

       あ・あのー、今度エキストラ(もちろん無料)で使ってほし

       いなー、 なんて。

       ・・・勝手に考えたんですが、チョットやってもいいですか?」

(寺脇さん)  ニヤッと笑う。

       田中、遠慮がちに立ち上がる。

(田中)    「ペンキ屋さんが、公園でペンキを塗っている。そこに寺脇さ

      ん演じる 亀山刑事が考え事しながらやって来て、こんな感じで、

       ベンチに座ろう とする。  「あー!お兄さん!そこペンキ

       塗りたて!!」ここ僕の台詞 です。(笑)

        すると寺脇さんは、こんな感じで「ウォットオー、ットト!!」

       って、背 中を返してよろめくんです。」

(寺脇さん)「ハハハハ。あなた面白いねー。」(爆笑)

(田中)  「ハハッハハハー。いい絡みでしょー。」(爆笑)

      「ところで、その刑事ドラマ”相棒”が、映画になるんですよ

       ね。今、どん な感じで進んでいるんですか?」

(寺脇さん)「撮影は終わって、今は編集をやっている所です。」

(田中)  「上映は夏ごろでしたっけ?」

 (寺脇さん)「いえ、ゴールデンウィークです。(笑)」

(田中)  「ゴールデンウィークかー、楽しみだなー。ハハ、勉強不足

       でした。」

(寺脇さん)「街とか歩いていると、「亀山さん!」とか、

      「あっ、かおるチャンだー!」とかって役名で声かけてくれ

       るんですよ。 あれが嬉しいですね。」

(田中)  「うんうん。声かけたくなるの分かります。」

(寺脇さん)「自分で言うのもなんですが、劇場版”相棒”は、スゲーおも

       しろいです。是非見てください。」

(田中)    「は、はい!」握手。      

          気さくで、暖かく、大きな手を持っている人でした。

      これは、現実? それとも夢? (現実ですよ。)         

     (出会いをくれた皆様、本当にありがとうございました。感謝)