岐阜 塗装 ペンテック

VOC削減 TVOC削減 揮発性有機溶剤の削減 

VOC削減 TVOC削減 揮発性有機溶剤の削減 トップ VOC 500.jpg

 以下は、(有)ペン・テック代表田中茂の一般的知識を簡単にまとめたものです。

詳しくは経済産業省・環境省をご参考ください。

VOCは一般的に揮発性有機化合物(Volatile Organic 

Compounds)のことです。

塗料を例にとりわかりやすく説明すると、液体の溶剤塗料(ペ

ンキ)に含まれているトルエン・キシレンなどの液体や、溶剤塗

料(ペンキ)を薄めるときに使う、いわゆるシンナーがVOCに

あたります。

 塗料は、壁や屋根に塗り乾くと塗膜という硬い膜となります。

その時に、空気中に揮発性有機化合物(VOC)が放出されま

す。ペンキって臭いですよね。その匂いがVOCだと考えてくだ

VOCが空気中に放出されると、大気中で化学変化を起こして

浮遊粒子状物質(SPM)や、光化学オキシダント(光化学スモ

ック)に変化します。

人体への影響として、発がん性・シックハウス症候群・化学物

質過敏症などがあります。

__sozai__/0015887.png塗料以外では、

接着剤(ボンド)

印刷インク

ガソリンにも

含まれています。

 

 

ちなみにTVOCというのは、個別のVOCの量ではなく、トータ

ルのT。 トータルVOC。そこにどれだけ総量でVOCがあるか

を表したものです。

 

「 VOC削減への取り組み 」

 塗装店にできる環境への取り組みはたくさんある。

その一つはVOC・TVOCについて知り、削減することの意義を

考えることであると思います。

私たちの会社は、なかなか海外で木を植える活動はできませ

んが、溶剤塗料を水性塗料に変えることはできる。

塗料メーカーは水性塗料を販売しています。塗装店がそれを

選ばなかったら、大気中に放出されるVOCは減っていかない。

納得のいく塗料を探して、勇気を持って切り替えていくことが、

これからの塗装業界にできる環境への取り組みの一つだと

思います。

 

イラスト VOC 500.jpg

 

「 住宅塗り替え時におけるVOC削減方法 」

 弱溶剤塗料から、水性塗料に変えるだけです。

それだけで発生量が約1/10に減ります。

 

【例】住宅一軒 外壁(180uサイィング張り)を塗装する場合。

 VOC 48kgの発生を 3kgに減らすことが出来ます。

 

弱溶剤塗料(関西ペイント) 水性塗料(関ペイント)

・エポMシーラー

2缶×13.6=27.2

・セラMシリコン

3缶×6.15=18.45

・シンナー

3缶分×1.0=3.0

・エポレジン

3缶×0.42=1.26

・アクアシリコンAC2

3缶×0.7=2.1

合計TVOC 48.65kg 合計TVOC 3.36kg

 塗料メーカー発表のVOCデータを元に施工仕様書を参考に算出してあります。

 

 

【例】屋根の場合(100uカラーベスト)を塗装する場合。

VOC 39kgの発生を 3kgに減らすことが出来ます。

 

弱溶剤塗料(日本特殊塗料) 水性塗料(日本特殊塗料)

・エポマイルドプライマーS

2缶×11.3=22.6

・パラサーモシリコン

2缶×7.2=14.4

・シンナー

2缶分×1.0=2.0

・ウルトラルーフプライマー

2缶×0.15=0.3

・水性ルーフセラ遮熱

2缶×1.2=2.4

合計TVOC 39.0kg 合計TVOC 2.7kg

塗料メーカー発表のVOCデータを元に施工仕様書を参考に算出してあります。

 

 

住宅塗替えを考えて見える方へ

塗装業者に見積もりをお願いするときに、一緒に水性塗料を選んだ

場合の価格も提出してもらってください。その上で納得のいく価格・

品質であれば、水性塗料を選び、地球環境に優しくあってください。

 

塗装業者の方へ

 勇気を持って水性塗料への切り替えを考えてみませんか。

また、日本塗り替え研究会(本部羽島市)には、有益な情報が豊富

にあります。一緒に業界を良くしていきたいと考えをお持ちでしたら、

お気軽にお問い合わせください。力になれると思います。

 

     有限会社ペン・テック代表取締役   

     日本塗り替え研究会会長         田中茂

                  岐阜塗装のペンテック トップページ